実は自分だけじゃない遅漏の悩み

トップページ
お気に入りに追加
  

実は自分だけじゃない遅漏の悩み

自身が遅漏であると精神的には満足しているのに、肉体的には達することが出来ないといったジレンマを抱えることもあるでしょう。

実は遅漏に悩むのは当人だけでなく、その相手をするパートナーの女性もまた悩んでいることが多いのです。

 

女性の場合遅漏であると挿入時間が長いため痛みを感じて苦痛であるという理由だけでなく、もしかしてこの人がイケないのは自分のせいなのではと悩んでしまうこともあるのです。

 

遅漏を改善するには根本の原因から見直す必要があります。

多くの場合、過度なオナニーや間違ったオナニーが原因であることが多いといわれており、それらを改善するだけでも遅漏の改善に繋がることもあります。

 

まず過度なオナニーというのは純粋にオナニーの回数が多いということですので、一週間に一度など頻度を減らすことを心がけます。

そして間違った方法というのは自分の手で行う際に少し力を入れすぎてしまったり、所謂床オナなどの通常の性行為で得ることが出来ない快感を得る方法が当てはまります。

 

女性の締め付ける力というのは男性の握力より弱いため、強い力に慣れてしまうと女性の締め付けでは満足できなくなってしまいますし、性行為で得られない快感を得る方法が良くないということは感覚的に理解できるかと思います。

 

そのためオナニーをする時にはオナホールを使うなど一般的な性行為と近い状態を作ることが大切です。

それ以外にも根本的な精力が落ちていると射精もしづらくなってしまいますので、精力アップもまた遅漏の改善に繋がるかと思います。

 

パートナーに心配をかけないためにも頑張って遅漏を改善したいですね。