ヒルズの包茎手術が痛みを感じにくい理由

トップページ
お気に入りに追加
  

ヒルズの包茎手術が痛みを感じにくい理由

ヒルズは術中、術後の痛みを感じ難くさせる工夫が良いところ

 

ヒルズタワークリニックの特徴は患者に痛みを感じ難くすることです。
手術時の麻酔は三種類あり、浸潤麻酔、表面麻酔、陰茎神経ブロック麻酔と段階的に麻酔を行っていく事により痛みを感じ難くさせていきます。
一種類の麻酔のみだと効きによって痛みが走る事がありますが、この方法だとほとんどの人が痛みを感じる事無く手術が出来るのではないでしょうか。
痛みを抑えるための麻酔の注射が痛いという事もありませんので安心です。

 

それから術後ですが、痛み止めが二種類出ます。
一つは通常の飲むタイプの痛み止めです。
痛みを感じる前にこれを飲んでおけば普通は平気なのですが、あまり効き目がないという人はもう一つの座薬タイプの痛み止めを使うと良いと思います。
最初から痛み止めを複数種類処方されるというのは珍しいと思います。

 

それから大事な傷跡の目立たなさですが、三次元精密作図により、ただ切って縫ったというのとは段違いです。
安いクリニックだとその辺のこだわりがないのか一目で傷跡がわかりますが、ヒルズタワークリニックの場合はまったく目立ちません。
弛緩時の状態と勃起時の状態の差や、皮質やねじれなどのクセを見出し反映させるということで、どの状態でも傷跡が目立ち難く安心して温泉などにも入れると思います。

 

待合室での他の患者と一緒になる事もありませんし、無料でのカウンセリング、診断を行ってくれますので、気軽に行けるのもヒルズタワークリニックの良いところの一つだと思います。